引越し業者は、安ければどこでもいいというわけではありません!

3年ほど前、大阪の鶴見区から城東区(隣の区)に引っ越した時のことです。

 

 

 

結婚していて二人で住んでいましたが、駅から遠いことと私の職場が遠かったこともあり、引越しを考えるようになりました。

 

二人の休みを合わせて不動産屋さんに行き、いい物件があったのでその日に契約しました。

 

 

 

そこまでは良かったのですが、不動産屋さんの担当の方に「安い引越し業者を知っているので紹介しますよ。実は知人なんです。」と言われ、すっかり信用していた私たちは「なんて親切な人なんだろう」と思い、口約束で引越しをお願いしました。引っ越し見積もり相場を調べることもせず・・・

 

お願いした時の内容は、「鶴見区から城東区までの近い距離ですし2万円でやってもらうように言うときます」といった程度の本当に軽い感じで書類等はなく、今思えばおかしいなと感じるところはいくらでもあったと思います。

 

 

 

そしてダンボールなどを持ってきてもらうときにその業者と顔を合わせ、日にちや時間を決め、いざ引越し当日を迎えました。

 

3キロくらいしかない距離の引越しでしたが、終わってみたらお気に入りのライトは壊れ、家電や家具には傷がつき、テーブルのガラスは割れてしまい、散々なものでした。

 

もちろん弁償してもらうように頼んで引越し自体はとりあえず終わりましたが、後味の悪いものでした。

 

その後、飲み物などを買いに出て戻ってきたときに、まだ住所移転していないので手紙などは来るはずないのですが、部屋のポストに一通の封筒が入っていました。

 

警察からでした。

 

 

 

内容は、「認可の下りていない引越し業者をマークしているので、捜査協力してほしい」ということでした。

 

かなりびっくりしましたが、もちろん協力しました。警察の人が言うには、認可が下りているトラックのナンバープレートは深緑色をしているが、無認可の業者は普通の白いナンバープレートだということでした。

 

最終的には私がたまたま引越し記念になるからと思って撮った写真に、白いナンバープレートとナンバーがはっきりと写っていたので、それが決定打になりました。

 

 

それまでは、引越し業者はどこでも同じだからできるだけ安いところに頼んだらいい、と思っていましたが大間違いでした。

 

引越しには、ノウハウや、手際、知識が必要なのです。

 

安いところが悪いというわけではなく、どういった会社なのかを見極めなければいけないと感じました。

事前にある程度の荷物を運び出すのがおすすめです。

5年前に結婚をした際に、一人暮らしの家から主人と暮らす新居へ引っ越しをしました。大阪府吹田市から大阪市への引っ越しです。利用した引っ越し業者は、京都を拠点としている人力引越社です。引っ越しの見積もりサイトを利用した際に、一番値段が低かったので利用しました。また、即日引っ越しにも対応していたのもポイントが高かったです。

 

大手は大体同じような見積もりで、正直高かったのですが、人力引越社の場合値引き後が25000円でした。単身引っ越しということもあり、荷物自体も少なかったので安かったのかもしれません。しかし、当初の電話での見積もりで大体どれくらいの量になるか申告をしたのですが、いざ荷物をまとめてみると想像以上に荷物が多いことに気づきました。

 

 

私の場合、洋服が多かったので衣装ケースが1ケース、段ボールが1箱分、見積もりの時よりも多くなってしまいました。

 

当日、作業員の方に伝えると「それくらいの荷物でしたら、サービスしますよ」と言っていただきました。最初の電話の応対をしてくださった営業マンの方も、作業員の方2名も非常に感じがよく丁寧に仕事をされている印象でした。

 

私は同じ府内での引っ越しということもあり、当日中に引っ越し作業自体終わりましたが、朝一からの引っ越しで夕方にはすべて終えることができました。これも人力引越社の方が迅速に作業をしてくれたお蔭だと思っています。

 

私たちは引っ越しの前に車などで持って行ける荷物は、すべて運びました。その甲斐もあって細かい荷物は少なく済みました。私のように車で運び出せる距離の場合、事前にある程度運んでおくと引っ越し代金も浮きますのでおすすめです。

 

また、料金は会社によって全然違いますので、引っ越し見積りサイトなどで多くの会社から見積もりを取ることをおすすめします。中には今回の人力引越社のように「他社よりも一円でも高い場合、言ってください」と言ってくれる会社もありますので、慎重に見極めることが大切だと思います。

 

私は前回の引っ越しを踏まえて、次回引っ越しをする際も人力引越社にお願いしようと思っています。